ソクラテスの弁明 | IBCパブリッシング - 多読・多聴・音読・英語学習書の出版社

ソクラテスの弁明

著者 プラトン(著者(原著))  

本書の特徴・著者紹介

アテネで華々しく弁論を繰り広げるソフィストたちの「偽りの知者」の仮面をはぎ取ろうと、ソクラテスは「真の知者」として議論をしかけます。しかし、その行為がソフィストたちを刺激し、ソクラテスの行為は社会不安を煽るものと見なされ、「国家の神々を信じず、青少年を堕落に導いた」として裁判にかけられてしまいます。その裁判での反論の記録が、本書「ソクラテスの弁明」で、偉大なる哲学者である弟子のプラトンによって書き記されたものです。ともすれば難解と思われがちな内容を、平易な英語で書き直した本書で、ソクラテスの哲学がどのようなものであったのか読み解き、西洋哲学の源流に触れてみてください。

紙書籍定価1,045円

この書籍をシェアする

ラダーシリーズ特設ページ

書籍の購入

書籍データ

タイトル ソクラテスの弁明
著者 プラトン(著者(原著))  
ISBN 9784794602008
紙書籍定価 1045円
初版刊行 2013年3月
ページ数 96頁
判型 新書判変型
シリーズ ラダーシリーズ ラダーシリーズ Level 3
Top