音読JAPAN(ヤーパン)
ドイツ語でニッポンを語ろう!

浦島 久(著)、チャールズ・ドゥ・ウルフ(訳)

ドイツ語で日本について話す表現力と、自分の意見を発信する力が身につく!

そのまま会話に使える“現代の日本社会”をテーマに集めた、バラエティに富んだ35のトピックで行うドイツ語音読学習書。
ただ文章をうまく読むための音読ではなく、「ドイツ語で自分の意見を言えるようになる」ことを目指した学習ステップで構成されています。各トピックに対する賛成・反対意見を参考にすることで、「日本」についてただ紹介するだけでなく、自分の意見も伝えられるようになります。より一般的で、自然な内容だから実践的なドイツ語力が身につき、さらに日本人として必要なさまざまな知識も得られる一冊です!

浦島 久(うらしま・ひさし)

1952年北海道豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)卒業後、松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)入社。1年半で北海道へUターンし、1977年帯広市にて英会話学校「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。その後、仕事をやりながら帯広畜産大学大学院修士課程(農業経済学)修了。現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授、豊頃町観光大使。
著書に『誰でも使えるテーマ別 自己紹介の英語』『音読JAPAN 英語でいまのニッポンを語ろう!』『I(アイ)の英会話 パターンプラクティスで覚える発信型70構文』(小社刊)など多数。

チャールズ・ドゥ・ウルフ(Charles De Wolf/須田 狼庵 すだ・ろうあん)

言語学博士。慶応義塾大学名誉教授。形態統語論・歴史言語学の研究を専門としている。主な著書・訳書に、『Mandarins: Stories be Ryunosuke Akutagawa』(Archipelago Books)、日野啓三『夢の島』の翻訳『Isle of Dreams』(Dalkey Archive)、『How to Sound Intelligent in Japanese』(講談社インターナショナル)などがある。

音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう! (ドイツ語/IBCパブリッシング)表紙

音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!/ドイツ語/IBCパブリッシング)音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!/ドイツ語/IBCパブリッシング)音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!/ドイツ語/IBCパブリッシング)音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!/ドイツ語/IBCパブリッシング)音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!/ドイツ語/IBCパブリッシング)音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!/ドイツ語/IBCパブリッシング)

アマゾンの「音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0623-5
タイトル 音読JAPAN(ヤーパン)
ドイツ語でニッポンを語ろう!
著者 浦島 久(著)、チャールズ・ドゥ・ウルフ(訳)
紙書籍定価 2,200円
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2021年6月
ページ数 166頁
音声 MP3CD 1枚
サイズ A5判 210mm×148mm
シリーズ分類 ドイツ語 / 日本紹介

アマゾンの「音読JAPAN(ヤーパン) ドイツ語でニッポンを語ろう!」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング