歴史イラストでわかる 幕末の江戸と暮らし | IBCパブリッシング - 多読・多聴・音読・英語学習書の出版社

歴史イラストでわかる 幕末の江戸と暮らし(6月下旬発売予定)

著者 大津 樹(編著)  

本書の特徴・著者紹介

精緻なイラストでよくわかる!外国人の目で見た、幕末の江戸町人の暮らし

幕末に日本に滞在したスイス人外交官エメェ・アンベールの著書『日本図説』〔パリ・アシェット社刊、1870年〕に収載された図版約500点の中から、江戸の町人の生活・文化にかかわる図版220点あまりを厳選して再編集。
徳川幕府との交渉のため滞在した10か月間の見聞や収集した資料を元に作り上げた図版には、幕末の江戸の街並みや、町人の暮らし、働く人の様子などが精緻に記されています。
日本人庶民に向けられるアンベールの温かいまなざしを感じることができる本書は、日本人にとっても歴史的に貴重な資料集です。

紙書籍定価1,980円

この書籍をシェアする

書籍の購入

書籍データ

タイトル 歴史イラストでわかる 幕末の江戸と暮らし(6月下旬発売予定)
著者 大津 樹(編著)  
ISBN 9784794607157
紙書籍定価 1980円
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2022年6月
ページ数 168頁
判型 B5判
ジャンル 一般書 日本紹介 芸術書
Top