茶の本 | IBCパブリッシング - 多読・多聴・音読・英語学習書の出版社

茶の本

著者 岡倉天心(著者(原著))  

本書の特徴・著者紹介

「唯一茶を通してのみ、西洋と東洋は理解し合うことができる」明治時代、文明開化・西洋化が叫ばれる中、天心は時代の波にあらがうかのように、日本美術の保護に奔走した。英文で執筆された『茶の本』は、1906年にニューヨークで出版され、東洋、そして日本文化のすばらしさを西洋に広く知らしめることとなった。本書は、世界を見据え、日本人としての気概を持って生きた明治の知識人、岡倉天心の会心の作である。

紙書籍定価880円

この書籍をシェアする

ラダーシリーズ特設ページ

書籍の購入

書籍データ

タイトル 茶の本
著者 岡倉天心(著者(原著))  
ISBN 9784896846744
紙書籍定価 880円
初版刊行 2008年1月
ページ数 112頁
判型 新書判変型
シリーズ ラダーシリーズ ラダーシリーズ Level 4
Top