嵐が丘 | IBCパブリッシング - 多読・多聴・音読・英語学習書の出版社

嵐が丘

著者 エミリー・ブロンテ(著者(原著))  

本書の特徴・著者紹介

アーンショー一族の住む屋敷「嵐が丘」を舞台に繰り広げられる、恐ろしい復讐の物語は、発表当時 (1847年) は不評だったが、20世紀に入り英文学屈指の三大悲劇とまで評された。エミリー・ブロンテの生涯唯一の長編小説は、数度にわたり映画化され、長く読み継がれている。この物語はこの地方に移り住んだ「ぼく(ロックウッド)」が、嵐が丘の家政婦だったネリーから話を聞くかたちで進む。アーンショー家に孤児のヒースクリフが引き取られてきたことから、ヒンドリーとキャサリン兄妹との確執が始まる…。

紙書籍定価1,100円

この書籍をシェアする

ラダーシリーズ特設ページ

書籍の購入

書籍データ

タイトル 嵐が丘
著者 エミリー・ブロンテ(著者(原著))  
ISBN 9784794600400
紙書籍定価 1100円
初版刊行 2010年5月
ページ数 160頁
判型 新書判変型
シリーズ ラダーシリーズ ラダーシリーズ Level 4

同じ著者の書籍

Top