なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?

日野田直彦(著者)

著者日野田直彦は、大阪府で始まった校長の民間公募制で、当時36歳で全国最年少の校長として箕面高校に赴任、4年間の学校経営で数々の実績を出しました。地域四番手だった学校を世界に通用するまでにし、海外トップ大学への進学実績日本一を短期間で達成するなどの大改革はどうやってなし得たのか、その手腕がこの本であきらかに。変化の激しい時代に対応し世界に貢献できる人材を育成するための教育改善と、同時に教師の働き方改革も実践したノウハウを公開します。

日野田直彦(ひのだ なおひこ)

1977年生まれ。帰国子女。帰国後、同志社国際中学・高校に入学し、当時の日本の一般的な教育とは一線を画した教育を受ける。同志社大学卒業後、馬渕教室入社。2008年奈良学園登美ヶ丘中学・高校の立ち上げに携わる。2014年大阪府の公募等校長制度に応じ、大阪府立箕面高等学校の校長に着任。着任後、全国の公立学校で最年少(36歳)の校長として改革を推進。着任3年目には海外トップ大学への進学者を含め、顕著な結果を出す。 2018年より武蔵野大学中学校(現・武蔵野女子学院中学校・高等学校)の校長に着任。伝統を引き継ぎながらダイナミックなチャレンジと改革を進めている。

なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?/日野田直彦 (ビジネス書/IBCパブリッシング)表紙

なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?/ビジネス書/IBCパブリッシング)なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?/ビジネス書/IBCパブリッシング)なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?/ビジネス書/IBCパブリッシング)なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?/ビジネス書/IBCパブリッシング)なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?/ビジネス書/IBCパブリッシング)なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?/ビジネス書/IBCパブリッシング)

アマゾンの「なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0559-7
タイトル なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?
著者 日野田直彦
紙書籍定価 本体 1,500円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2018/9
ページ数 256 ページ
判型 四六判
本のサイズ 128 x 188mm

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング