書籍詳細

The Chrysanthemum and the Sword

菊と刀

西洋の行動規範、考え方がまったく当てはまらない未知の国日本。その日本を相手に戦うことになったアメリカは、日本人の行動や性格、その特有の思考方法を知る必要に迫られた。美を愛し菊づくりに秘術を尽くす一方で、刀を崇拝し、最高の栄誉を武士に与えるという、欧米の文化的伝統からすると矛盾を含む日本人。戦時中でもあり日本での現地調査ができない中でのルース・ベネディクトのこの研究成果は、われわれ日本人にも多くの教訓を与える「日本人論」として、長く読み継がれている。

ISBN: 978-4-7946-0043-1
学校採用: 学校採用品
著者: ルース・ベネディクト (著者)
紙書籍定価: 990円
出版社: IBCパブリッシング
初版刊行: 2010/06
総単語数: 19630語
ページ数: 160 ページ
判型: 新書判変型
本のサイズ: 177mm×110mm
ジャンル: ノンフィクション

本書のお買い求めはこちら

電子ブック版の購入はこちら

音声ダウンロード販売サイト

Share:

こちらもおすすめ

  • 日本の経済[改訂版]

    小林佳代 (著者)、ジャイルズ・マリー (訳者)

    880円
  • アインシュタイン物語

    ニーナ・ウェグナー

    990円
  • 日本事情―歴史・宗教・プライド編

    山久瀬洋二 (著者)、ダニエル・ワーリナ (著者)

    990円
  • Facebookを創った男: ザッカーバーグ・ストーリー

    トム・クリスティアン (著者)

    1100円
  • アメリカが学んだ日本のエコ生活

    栢木利美 (著者)

    1045円
  • 日本小史: 改訂増補版

    ジョン・K・ギレスピー (監修)

    990円
  • 日本の宗教

    ジェームス・M・バーダマン(著)

    1100円
  • アメリカ史

    西海コエン

    1100円
  • 武士道

    新渡戸稲造 (著者)、ロジャー・アルバーグ (リライト)

    880円