ラダーシリーズについて

語学上達の秘訣はなんといっても「多読」

ラダーシリーズで「はしご (ladder)」を一段ずつ登るように、ステップアップしましょう!

01

英語多読No.1 教材!
累計販売180万部

様々なジャンルの中からあなたの興味にあったタイトルが見つかります。

02

タイトル数は100以上

様々なジャンルの中からあなたの興味にあったタイトルが見つかります。

03

延べ6,700以上
の学校機関で採用。

高校・大学入試の問題としても採用されている多読用リーダーです。

ラダーシリーズは、使用する単語を限定して、やさしい英語で書き改められた、多読・速読に最適な英文リーダーです。巻末にワードリストが付属しているため、辞書なしでどこでも読書が楽しめます。

LEVEL 1

使用語彙 1,000語

TOEIC®テスト 300〜400点

英検 4級

iTEP 0.0〜1.0

LEVEL 2

使用語彙 1,300語

TOEIC®テスト 400〜500点

英検 3級

iTEP 1.0〜2.0

LEVEL 3

使用語彙 1,600語

TOEIC®テスト 500〜600点

英検 2級

iTEP 2.0〜3.0

LEVEL 4

使用語彙 2,000語

TOEIC®テスト 600〜700点

英検 2級

iTEP 3.0〜4.0

LEVEL 5

使用語彙 制限無し

TOEIC®テスト 700点以上

英検 英検準1級以上

iTEP 4.0以上

Special Edition

レベル3〜4に相応。
ただし、中学英語レベルでも無理なく読めるよう巻末のワードリストには全単語の意味を掲載しています。

※iTEPレベルの詳細は itepexamjapan.com

読者の声

KU

女性 20歳

女性 20歳

多読は難しいものだと思っていました。しかし、自分の興味のあるジャンルから始めてみると、自然と英語が頭に入って来て理解できました。英語の本を読めたという嬉しさや達成感を味わえました。

AH

女性 19歳

女性 19歳

わかりやすい英語に直してあるので読みやすいですし、わからないなと思った単語はすぐに巻末で調べられるのでとても便利で良いです。

EW

女性 17歳

女性 17歳

難易度ごとに分かれているので徐々に難しい物にチャレンジしていけるのがとてもいいです。巻末の辞書も重宝させていただいています。

ラダーシリーズの特徴

ポイント1
学習指導要領に準拠した中学校教科書の語彙レベルからスタート

使用語彙1000語(中学で習う基本語)のレベル1からTOEIC®テスト水準のレベル5まで、まさにラダー(はしご)をのぼるようにステップアップできます。

ポイント2
使用語彙について

レベル1: 中学校で学習する単語 約1000語
レベル2: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約300語
レベル3: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約600語
レベル4: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約1000語
レベル5: 語彙制限なし

ポイント3
クラッシックから現代文学、ノンフィクション、ビジネスと、幅広いジャンルを扱っています。あなたの興味に合わせて読み物を選べます。

ポイント4
巻末のワードリストで、いつでもどこでも単語の意味を確認できます。レベル1、2では、文中の全ての単語が、レベル3以上は中学校レベル外の単語が掲載されています。


  • カバーにヘッドホーンマークのついている書籍は『オーディオ・サポート』があります。音声データ (MP3形式) をダウンロードして (有料) 、リスニング教材として併用できます。
  • ※『オーディオ・サポート』は外部サイト FeBe 音声ダウンロードサービスへ移行しました。ラダーシリーズレベル1・2・3・4・5の各リストで 音声ダウンロード アイコンが表示される書籍は音声ダウンロード可能です(ラダーシリーズ全書籍リストでも確認できます)。


  • 書籍紹介ページの右に表示されるボタンをクリックして音声ダウンロードサイトに移動できます。
  • ラダーシリーズ朗読音声の一部を無料公開中

    IBCパブリッシングYouTubeチャンネルにてラダーシリーズの一部のストーリーの朗読音声を無料公開中です。再生リストを BGM のように流したり、リスニング訓練、読み聞かせなどにご利用ください。

    ラダーシリーズ多読による効果的な英語学習法について

    ラダーシリーズは、「はしご (ladder)」を使って一歩一歩上を目指すように、学習者の実力に合わせ、無理なくステップアップできるように開発された英文リーダーのシリーズです。 リーディング力をつけるためには、繰り返したくさん読むこと、いわゆる「多読」がもっとも効果的な学習法であると言われています。多読では

    1. 速く
    2. 訳さず英語のまま
    3. なるべく辞書を使わずに

    読むことが大切です。スピードを計るなど、速く読むように心がけましょう(たとえば TOEIC® テストの音声スピードはおよそ1分間に150語です)。そして1語ずつ訳すのではなく、英語を英語のまま理解するくせをつけるようにします。こうして読み続けるうちに語感がついてきて、だんだんと英語が理解できるようになるのです。まずは、ラダーシリーズの中からあなたのレベルに合った本を選び、少しずつ英文に慣れ親しんでください。たくさんの本を手にとるうちに、英文書がすらすら読めるようになってくるはずです。