2022.07.05 インタビュー

ラダーシリーズ執筆者 トム・クリスティアン氏インタビュー

ラダーシリーズ著者インタビュー|トム・クリスティアン-Tom Christian-

ラダーシリーズ本の執筆というビジネス

東京在住の英国人トム・クリスティアン氏は、IBCパブリッシングのラダーシリーズで本を数冊執筆しています。最新著書の『イーロン・マスク・ストーリー』は、2022年2月に刊行されました。現代の大物経営者に関する本を書くうえで、どのような困難ややりがいがあるのかを伺いました。

ラダーシリーズの著書を教えてください。

ラダーシリーズではこれまで5冊を執筆しています。このうち4冊がシリコンバレー屈指の起業家に関する本で、スティーブ・ジョブズ(Apple)、ビル・ゲイツ(Microsoft)、マーク・ザッカーバーグ(Facebook)、イーロン・マスク(テスラおよびスペースX)があります。あと1冊は『ジョン・レノン・ストーリー』です。

テクノロジー業界について本を書くうえで特有の難しさはありますか?

一番の問題は、変化のスピードが極めて速いことです。例えば、2021年12月に『イーロン・マスク・ストーリー』を書き終えたのですが、その時点でテスラ社の株価は1,000ドルをはるかに上回っており、同社の時価総額は1兆ドルを超えていました。また、上海にあるテスラの工場では何千台という車の生産が行われていました。それから約半年後の今、テスラ社の株価は当時の半分程度となり、上海工場はコロナウイルスのために閉鎖されています。そしてマスク氏はツイッター社の買収に乗り出しているではないですか!ごく短期間にさまざまな大きな変化が起きました。つまりイーロン・マスクの物語はまだまだ未完成なのです!

シリコンバレーについて本を書く最大の楽しみは何ですか?

面白いのはインターネット上で本当に多くの情報を手に入れることができる点です。特に、イーロン・マスクの人生のすべてがインターネット上にあると言っても過言ではありません。テスラ社の新製品発売に関する全動画や、マスク氏が最初に立ち上げた会社を1990年代の終わりに売却後マクラーレンの車を購入した際のCNNクリップ、そして彼のバカげた挑発的なツイートのすべてもインターネット上で見ることができます。主要な情報源を誰でも手に入れることができるというわけです。ただ、もう少し年代が上のテクノロジー企業の起業家についてはそれほどでもありません。スティーブ・ジョブズが1970年代半ばにAppleを創業したころ、インターネットはまだ存在していなかったため、プレスリリースや新製品発売、インタビュー、ポッドキャストといった情報の入手はそれほど簡単ではありません。

もう一つ楽しい点は、その人物に関するバランスの取れた全体像を描くことです。テクノロジー企業の起業家をヒーローとして賞賛する傾向があるので、より批判的な視点から書かれた人物紹介を探す必要があります。例えば、経験豊富な自動車ジャーナリストであるEdwardNiedermeyer氏の著書『Ludicrous:The Unvarnished Story of TeslaMotors』は、マスク氏に関する他の本などと比べると、マスク氏自身、そしてテスラ社の車の性能に関するマスク氏の大げさな主張に、より批判的な目を向けています。

トムさん自身にはビジネスの経験はありますか?

はい。時計メーカーから商社まで、多岐にわたる日本企業のPRや広告関連のお仕事をしています。近年はこういった日本企業の多くがストーリーテリングを通して会社により人間的側面を与えようと努力しており、そのお手伝いとして企業のウェブサイト用の記事などを多数書いています。

語学教育についてはどうですか?

大学時代にラテン語とギリシャ語を学びました。卒業後は東京で午後に英語を教える傍ら、日本語の勉強を始めました。日本語学習に関する著書も数冊あり、このうちの1冊がアメリカの大学でテキストとして使用されるなど、ヒット作もあります。語学を勉強する際、ニュースや時事関連の文章を読むと実践的で楽しめるので、こういった点からも、ラダーシリーズは英語を学ぶ素晴らしい方法だと思っています。

ラダーシリーズをどのように使ってほしいと考えていますか?

学校や大学、そして特に企業内でもっと使ってほしいと思っています。実在する起業家に関するストーリーなので、ビジネス英語の理解を深める良い素材となっています。今後数か月の間に、ラダーシリーズの本をベースにしたリスニングおよび理解度テストを作成して、IBCのウェブサイト上で無料で使える学習リソースとして提供したいと考えています。

ラダーシリーズで今後執筆予定の本はありますか?

IBC向けに、出身地であるロンドンに関するQ&A形式の本の執筆を終えたところです。この本は二か国語本として出版される予定です。ラダーシリーズでは、ミステリー作家のアガサ・クリスティーの生涯について本を書くよう依頼されていますが、まだ筆をとっていません。

インタビュー日:2022年6月20日


The Business of Writing Ladder Books

Tokyo-based Englishman Tom Christian has written several books in IBC’s Ladder Series. The most recent is The Elon Musk Story, which came out in February 2022. What are the challenges and rewards of writing readers about modern- day business titans?


Which books in the Ladder Series have you written?

I’ve done five in total. Four of them are about the biggest names in Silicon Valley: Steve Jobs of Apple, Bill Gates of Microsoft, Mark Zuckerberg of Facebook and Elon Musk of Tesla and Space X. The fifth was about John Lennon.

Does writing about the tech industry have any special challenges?

The biggest issue is the sheer speed of change. For instance, I finished The Elon Musk Story in December 2021. At that point, the Tesla stock price was at well over one thousand dollars, the company itself was worth more than a trillion dollars and the Tesla factory in Shanghai was producing thousands of cars. Now, just six months later, the Tesla stock price has halved, the Shanghai factory is shut because of Covid and Musk is trying to buy Twitter! There have been all sorts of big developments in a very short time. Elon Musk’s story is still very much a work in progress!

What’s the most enjoyable aspect of writing about Silicon Valley?

One thing that’s fun is the way so much information is available online. Elon Musk, in particular, has lived his whole life on the Internet. You can find the videos of all his Tesla product launches, the CNN clip of him taking delivery of a McClaren after selling his first company in the late 1990s, and all his silly and provocative tweets. The primary sources are there for everyone to see. This is less true with the older generation of tech entrepreneurs. When Steve Jobs launched Apple in the mid-1970s, the Internet wasn’t around yet, so there’s much less information—press releases, product launches, interviews, podcasts—easily available.

The other thing that’s fun is trying to paint a balanced picture of the person. There is an awful lot of hero-worshipping of tech entrepreneurs, so you need to hunt down biographies that are more critical of their subject. For example, Ludicrous: The Unvarnished Story of Tesla Motors, a book written by Edward Niedermeyer, a very experienced auto journalist, is much more critical of Musk and some of his exaggerated claims about what his cars can do than most other sources.

Do you have any background in business yourself?

Yes, I work in PR and advertising for plenty of Japanese companies from watch makers to trading companies. Recently, I’ve been writing quite a lot of articles for their websites as they try to humanize themselves through corporate storytelling.

What about language education?

I studied Latin and Greek at university then, after graduating, I started learning Japanese in Tokyo while teaching English in the afternoons. I’ve written several quite successful books for learning Japanese, one of which is used at universities in the United States. Reading texts about news and current affairs is always a practical and enjoyable way to learn a language. In that respect, I think the Ladder Series is a fantastic way to learn English.

How would you like to see the Ladder Series used?

I’d like to see the series being used more at schools and universities and inside companies in particular. These stories about real-world entrepreneurs are a good way to get a grasp of business English. Over the next few months, we are hoping to create listening and comprehension tests based around the books which we will put up on IBC’s website as a free learning resource.

Have you got any more books in the pipeline for the series?

I just completed a Q&A about London, my native city, for IBC. It will be published as a bilingual book. In the Ladder Series, I have been asked to write a book on the life of Agatha Christie, the mystery novelist, but I have not started it yet.

Interviewed June 20, 2022

この記事をシェアしよう

関連記事