スペイン語のすすめ
総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語

坪田充史 (共著)

世界三大言語のひとつ、スペイン語を最速マスターする3つの術を教えます!

スペイン語は、英語の次に重要な「未来の言語」として認識されており、世界20ヵ国以上で公用語として5億人以上の人たちが使用しています。そのスペイン語は、音の周波数や母音の数が日本語と同じで、実は日本人にとって最も習得しやすい言語です。すぐ読めて、すぐ上手に発音できるようになれます。スペイン語に精通し、首脳会議の通訳も担当した著者がスペイン語をマスターするための「7つの成功ステップ」について、分かりやすく解説します。ゼロから1ヵ月で日常会話がマスターできます。英語を挫折してしまったという人も、スペイン語なら大丈夫!スペイン語を学ぶ気になってしまう一冊です。

坪田充史(つぼた あつし)

1976年生まれ、東京都出身。株式会社アルコトレーディング代表取締役社長。大学時代に、アフリカ、ヨーロッパ、中南米諸国を巡り、グローバルな視野を身につける。2001年単身南米コロンビアへ渡り、スペイン語習得に磨きをかける。
コロンビア政府国費奨学生として、同国名門ハベリアナ大学院国際関係学修士課程を修了。コロンビアで数少ない日本語̶スペイン語通訳・翻訳家として、在コロンビア日本大使館、JICA、日系企業、コロンビア政府、個人などから依頼を多数受け、のべ1万人以上のスペイン語通訳をしている。2014年には、高円宮妃殿下、そして、安倍総理とコロンビア大統領の拡大首脳会議通訳も担当。その経験を活かし、「スペイン語コンサルタント」として活躍する。

スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語 /坪田充史 (諸外国語/IBCパブリッシング)表紙

スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語/諸外国語/IBCパブリッシング)スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語/諸外国語/IBCパブリッシング)スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語/諸外国語/IBCパブリッシング)スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語/諸外国語/IBCパブリッシング)スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語/諸外国語/IBCパブリッシング)スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語/諸外国語/IBCパブリッシング)

アマゾンの「スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング

書籍情報

ISBN 978-4-7946-0542-9
タイトル スペイン語のすすめ
総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語
著者 坪田充史(共著)
本体価格 本体 2,000円+税
出版社 IBCパブリッシング
初版刊行 2018/05
ページ数 160 ページ
装丁 四六判変形 188mm×132mm
付属 オーディオCD1枚
シリーズ分類 諸外国語

本書のお買い求めはこちら

アマゾンの「スペイン語のすすめ 総理大臣の通訳が教える、日本人に一番なじむ外国語」販売サイトへ

楽天ブックス セブンネットショッピング