2018 英語手帳

すきま時間を英語時間に変える仕掛けが満載

英語手帳の使い方・機能

  • 1年間のスケジュール

    それぞれの月にはテーマがあります。このテーマに沿って、エッセー、毎日の単語、Useful Phrases や Question & Answer が構成されています。テーマに沿った単語や表現、文章を集中して目にすることで、そのテーマについて英語で考えるきかっけができ、よい練習となります。

  • 月ごとのエッセー

    月の初めは、『英語手帳 120%活用法』の著者で、「国産バイリンガル」として活躍中の有子山博美さん (Romy) さんのエッセーが含まれています。日本にいながら高い英語運用力を身につけた Romy さんの経験の中には、英語学習者が学べることがたくさんあります。エッセーを読めば、英語学習のモチベーションがアップするはずです。

  • マンスリー

    長期間の予定や毎週の予定の管理はマンスリーが便利。To-Doリストのスペースは、あなたのアイデア次第で便利に使えます。日本の祝祭日は赤で、アメリカ(US)・イギリス(UK) はグレーで、その他の記念日は黒で示されています

  • ウイークリー / 毎週異なるワーク

    ウイークリーは、すべてその月のテーマに沿った単語や内容で構成されています。英語学習を楽しんで続けられるように、毎週違ったワークが用意されています。通学、通勤時間、コーヒータイムなど、少しの時間でできるものばかりです。小さな空き時間を、英語時間に変換するためのツールとしてご活用ください。

  • Done List

    月の終わりは、この1ヵ月あなたが成し遂げたことを確認するための Done リストがついています。「電車で席をゆずった」「友達に手紙を書いた」「レポートを書き終えた」など、日々の小さな成功をどんどん書き込んでいきましょう。Done リストを英語で書きたい方は、Words & Phrases の「日常の行動」に赤字で掲載されている例文が参考になります。

  • WORDS & PHRASES

    英語で手帳をつけるための単語や例文が紹介されています。英語で予定を書き込むことで、日々の生活そのものが英語学習の場に変化。勉強時間がとれないという方も、生活に英語を取り入れることで、十分英語力をアップしていくことができます。

  • パーソナルページ

    後ろから2ページ目に個人情報などを記録するページがあります。英語の目標や英語のニックネームを各スペースもあります。

  • 付録

    単位換算表(長さ・重さ・体積(容積)・面積・温度・身長・体重・衣服や靴のサイズ)、時差(アメリカ/イギリス)、国際ダイヤルコード、体の部位の英語表記の付録をダウンロードできます。

メールマガジン『毎日ミニ・レッスン』

毎日著者から英語のメールが届く!メールマガジン『毎日ミニ・レッスン』登録はこちらから

『英語で手帳をつけてみました』2017年10月下旬発売予定、予約受付中!

『英語で手帳をつけてみました』 手帳の付け方から、手帳を活かした学習法、日々楽しく英語と付き合っていく方法まで、分かりやすく具体的に解説しています。挫折しない学習計画の立て方、モチベーションアップの方法など、英語学習を「少しずつ、こまめに、長く継続する」ためのヒントもいっぱい。2013年10月弊社より発行された「英語手帳120%活用法」の増補改訂版です。巻末に、英語で手帳や日記をつけるときに役立つ例文集と単語集がつき、さらに便利になりました。2017年10月下旬発売予定、予約受付中!(有子山博美・著)

英語手帳の取扱店

全国主要書店 (主に語学書売場) で好評発売中
アマゾンの英語手帳売場へ  英語伝 Yohoo! ショッピング  英語伝 楽天市場